咳が止まらない

咳が止まらない!?

夜間になると咳き込んで、咳が止まらない、あるいは1日中咳が止まらないという症状で悩んでいる人は、ひじょうに多くいます。

 

咳が止まらないという症状からは、多くの原因が考えられます。普通の風邪で咳が止まらないことがありますが、最も有名で、典型的な咳が止まらない病気は気管支喘息でしょう。

 

気管支喘息は子供がかかる病気だと思っている人が多いようですが、それは誤解です。気管支喘息は大人が、急に発症することもあります。またアレルギーがないと診断されていた人でも、気管支喘息にかかる可能性はあります。そのため「気管支喘息は子供の病気」などと侮っていると、たいへんなことになりかねません。

 

また、気管支などの疾患の場合、通常の検診で行われるエックス線からは、骨などに疾患が重なって判断できないことがあります。そのため会社の年に1度の検診では異常なしと言われても、咳が止まらない、咳が長い期間継続しているといった症状がある場合には、迷わずMRIやCTスキャンなどを実施してもらって、詳しく診てもらう必要があります。

 

またこのところオフィスなどで大流行しているのが百日咳です。この病気はその名前の通り、咳が止まらない症状が約3ヶ月間にわたって続きます。オフィスなどの狭い空間で咳をすると、容易に他の社員にもうつしてしまうことになります。またイメージ的にも咳が止まらないでいる人と接するのは少々怖い印象を持たれがちです。

 

咳が止まらないため病院を受診しても、単なる風邪と診断されて薬を処方されたものの、咳だけがいつまでも止まらないという状態が続くようであれば、セカンドオピニオンを求めてみる方がよいでしょう。
参考:症状別!美容・健康に効果的な食品

 

スポンサードリンク