咳が止まらない場合の薬

咳が止まらない場合に処方される薬

咳が止まらない場合に、近くの薬局で市販の咳止めの薬を購入して様子を見る人は多くいます。特に発熱などがなく、咳だけが出るような場合であれば、たいしたことはないと考えて、つい市販の薬でいいか、などと思ってしまうのです。

 

もちろん市販の薬であっても、十分に風邪の症状を抑える効果のあるものもあります。しかし市販薬を飲んでいるだけでは、どういう原因で咳が出ているのかが分かりません。そのため薬も対症療法としてしか効果を発揮できません。

 

そのため咳が何日も続く、また発熱や倦怠感なども伴うなどといった場合には、やはり受診する方がよいでしょう。

 

病院などで処方される薬で、咳に対応するものはひじょうに数が多くあります。こうした薬を大きく分けると中枢性鎮咳薬、気管支拡張薬、その他の薬に分類できます。

 

また中枢性鎮咳剤には2つのグループがあります。1つは、メジコン、アストミン、アスベリン、レスプレトン、トクレス、フスタゾール、コルドリンなどの薬で、これらは主に脳の中の咳の中枢部位に作用します、これらはどちらかというと痰があまりからまない乾いた咳に処方されることが多いようです。

 

またより咳が強く出る時に処方されるのは、コデイン、ジヒドロコデイン、フスコデ、セキコデ、ブロチンコデイン液などがあります。

 

気管支拡張薬にはテオドール、テオロング、スロービット、ユニフィル、ベネトリン、メプチンなどがあります。

 

また抗ヒスタミン薬や抗アレルギ薬、ステロイド剤なども症状や原因に応じて使用されます。

スポンサードリンク