咳と気管支炎

気管支炎

咳が出る病気として、気管支炎も多く見られる病気です。気管支炎はその名の通り、気管支が炎症を起こすことによって咳や喘鳴、頭痛、発熱、倦怠感、疲労感などの症状が現れます。

 

しかしこうした症状の多くは通常の風邪とひじょうに似通っているため、ちゃんとした医師であっても気管支炎を風邪と誤診してしまうこともあります。

 

気管支炎が風邪と違うのは、圧倒的に咳が多く出ることと、発熱はあってもわずかで、頭痛に関しても痛みよりも重い感じがするのが特徴です。また患者によっては腹部の筋肉痛を訴えることがあります。

 

気管支炎の原因はいくつかあります。まず細菌やウィルスによるものがあり、インフルエンザやアデノウィルス、百日咳菌、肺炎球菌、A群溶連菌などから発症する場合もあります。この他NO2や塩素ガス、煙草などによって気管支炎に進行する例もあります。

 

気管支炎はまた、発症する期間によって急性気管支炎と、慢性気管支炎とに区別されます。咳や痰などが3ヶ月以内に治まるようであれば急性気管支炎と診断され、また咳や痰などが2年以上にわたって起こる場合で、毎回の症状が3ヶ月以上に及ぶ場合は慢性気管支炎と診断されます。

 

気管支炎はなぜか男性が罹患する割合が非常に高くなっています。また慢性気管支炎と診断されても、適切な治療を受けることで完治できることがあります。しかし一方で治療が遅れると肺性心などの重篤な病気に発展してしまうこともありますから、注意が必要です。

スポンサードリンク