咳と咽頭アレルギー

咽頭アレルギー

止まらない咳、しかも強く続く病気の1つとして咽頭アレルギーがあります。

 

咽頭アレルギーの場合も、肺結核や肺炎、肺癌などと同様に、最初は風邪と症状が良く似ているため、間違われることが多い病気です。しかし咽頭アレルギーの場合には、市販の総合感冒薬などを飲んでも、いったんは症状が治まったかのように見えて、薬が切れるとまた症状がぶり返します。

 

咽頭アレルギーを診察する際に、最も重要なポイントは咳です。さらに言えば喘鳴を伴わない、乾いた咳が3週間以上持続して続いた場合には、咽頭アレルギーが疑われます。

 

しかしこの症状のみでは、まだ咽頭アレルギーであるとは断定できません。咽頭アレルギーと特定するには、この他にも、

  • 3週間以上続く咽頭頭の違和感や痛み
  • 掻痒感、痰がからんだ感じ、チクチクとした感じ、イガイガとした感じなどが続くこと
  • アトピーの可能性があること
  • 咳止めや気管支の拡張剤などが効かない
  • 肺の機能には支障が見られない
  • 胸部エックス線や副鼻腔エックス線では異常な所見がない
  • ヒスタミンH1拮抗剤やステロイド剤に対しては、症状が著しく改善する
  • 逆流性食堂炎が見られない

などなど咳を起こす多くの原因要素を振り払って初めて、咽頭アレルギーと診断されるのです。

 

咽頭アレルギーは、最初は特に風邪や花粉症などと誤って診断されるケースが多く、医師の指示通りに薬などを服用しても、症状が改善しない場合には、セカンドオピニオンをとってみるのもよいでしょう。

スポンサードリンク