咳喘息とは

咳喘息とは記事一覧

咳喘息とは?

咳喘息(せきぜんそく)と聞いて、すぐに「ああ、あれか」と思い当たるような人は少数派でしょう。普通の喘息、あるいは気管支ぜんそくであれば知っているが咳喘息というのは聞いたことがないという人が多いのです。実は咳喘息という病名が使われるようになってからまだ日が浅いのです。では以前は咳喘息という病気はなかっ...

≫続きを読む

咳喘息と喘息の違い

咳喘息と喘息はひじょうによく似ています。しかし咳喘息と喘息は異なる病気です。では咳喘息と喘息の違いとはどこにあるのでしょうか。咳喘息と喘息とではまず原因が異なります。咳喘息は風邪などの感染症を患った後に咳のみが残るものであるのに対して、喘息の原因の多くはアレルギーによるものです。しかしこの咳喘息と喘...

≫続きを読む

咳喘息と風邪の見分け方

咳喘息と風邪を見分けるのは通常の人にとってはかなりむずかしいことです。それというのも内科や呼吸器科の医師であっても、咳喘息を風邪と、また風邪を咳喘息だと誤診するケースが後を絶たないからです。これについては咳喘息そのものがまだ比較的新しく認識されるようになった病気であることが大きく関係しているのは間違...

≫続きを読む

咳喘息の症状

咳喘息の症状として最も目立つものはなんといっても咳です。咳喘息の場合、風邪などと違って咳ばかりがひじょうに長い期間なくなることがありません。長い人では1年以上に渡って咳が続くこともあるほどです。また咳喘息の人の咳は、風邪の場合のように痰が絡んだりすることはほとんどありません。一方で喘息の時のようにヒ...

≫続きを読む

咳喘息の検査

咳喘息の検査に関しては、何かの因子を見つけることで咳喘息であることを決定するというようなものはほとんどありません。そのため咳喘息と同じような症状を見せる病気の中から、いくつかの検査を行うことで、該当しない病気を外していくというような方法がよく用いられます。言わば消去法の検査です。咳喘息の検査に先立っ...

≫続きを読む

咳喘息の診断

咳喘息の診断基準としては次のような点があげられます。喘鳴を伴わない咳嗽が8週間以上続く。聴診上でもwheezeを認めない。喘鳴や呼吸困難など、喘息の既往を認めない。8週間以内に上気道炎に罹患していない。起動過敏症の亢進を認める。気管支拡張薬が有効である。咳感受性は亢進していない。胸部レントゲン検査で...

≫続きを読む

咳喘息の治療

咳喘息の治療は投薬によるものがほとんどです。咳喘息の大きな特徴として通常の風邪薬や抗生物質、咳止め薬などはすべて効果がありません。またこれらで効果が認められた場合には咳喘息以外の疾患の可能性が高くなります。咳喘息の治療で用いられる薬は、大きく分けて気管支拡張薬、吸入ステロイド薬、ロイコトリエン受容体...

≫続きを読む

咳喘息は市販薬で治まる?

咳喘息は風邪が長引いているものと勘違いされることが多いため、多くの人は風邪薬、総合感冒薬、抗生物質、咳止め薬などの市販薬で治そうとしますが、残念なことにこうした市販薬ではほとんど効き目はありません。むしろ感冒薬や抗生物質を長期間に渡って使用し続けることによる副作用の方が気になるほどです。しかしほとん...

≫続きを読む

咳喘息とアレルギーの関係は?

咳喘息とアレルギーの関係については専門医の診断指標の中に「アレルギー素因のある人に多い」と記されています。つまりアレルギーのある人はない人と比較して咳喘息にかかる確率が高いということになるのです。しかしアレルギーに関してはアレルゲンとなる物質がひじょうに多いため、アレルギー科の専門医による検査でも完...

≫続きを読む

咳喘息の予防と対策

一度かかってしまったら治るまでにひじょうに長い期間を必要とする咳喘息の予防や対策はないのでしょうか。まず咳喘息に限らずさまざまな病気にかかりにくくなるために、喫煙はやめる、アルコールを控える、室内におけるカビやダニ、花粉などを極力低減するように空気清浄機などを使用したり、ひんぱんに掃除機で清掃を行な...

≫続きを読む